商品出荷最終段階 いざ梱包!

Amazonへの出荷!

そして次いで梱包資材ですね

商品はアマゾンに出すのが基本ですが販売場所は

メルカリヤフオクもありそういったところでも梱包はやることになります。

ラッピングとは違い商品を安全に運ぶための防具なのでしっかりと包んであげましょう。

IMG_2353

・巨大プチプチ
・プリンタ
・ビニールテープ(これは絶対テープカッター付)
・ラベルシート 

IMG_2355

・OPパック 大きさは扱うものによりかなり必要かもる

IMG_2357


・段ボール

ダンボールは扱う商品に合わせる必要があるため、その都度購入する必要が

あるものが多いです。特にOPパック段ボールは大型商品を

扱うと結構その都度購入が必要になり大変です。

大型の段ボールは買うほうが良いですが、小物を多く使う人であれば

スーパーや薬局やホームセンターでレジとかの前にある処分段ボールを

いただくことも必要です。年間では経費もバカになりません。

OPパックとラベルシートは写真のような100均で売ってる

ものを私はつかってます。ビニールテープは最初100均のテープカッター

の奴を使いましたがちぎれるは切れが悪いわで、ちょっと高いですがアマゾンに

売ってるテープカッターとテープを買ったら作業効率は上がりました。

100均も良し悪しなのでこの辺は使ってみてわかりますね。

文房具や梱包用品はせどりにとっては重要なものになります。

出荷までが僕らの仕事なのでとにかく1回目の出荷には

数多くの失敗をしました。

ですがそこでくじけてもしょうがないですから、何が駄目だったか

これを修正し続け3回くらいやると要領が得られました。

失敗した一例は

・商品にバーコードシールの貼り間違い
・バーコードシールを張っておらず商品がアマゾンから返品

なんてこともあります。経費や時間もばかにならないので、このミスを繰り返さない

よう検品、出荷は特に気をつけなければいけません。

あと段ボールに入れた際よくあるのが

・段ボールが大きすぎてスペースが余る

この時不用意に高さを切ったり、逆にスペースが足りないからといって

段ボールを継ぎ足したりすると、アマゾンが受領拒否をすることもあるので

注意が必要です。アマゾンは納品の規約が意外と厳しいです・・・

失敗 = 終わり

ではないです。お客様が満足してうちの商品を購入してくれれば

利益の大きい当社はウハウハだ!そういった妄想をエネルギーに

頑張れるんですよねw

今ははじめたばっかで失敗はして当たり前だし、その失敗を経験して

応用できれば今後はもっとより多くの商品を、いい状態で販売できる

ようになる!そうすれば私のお店はもっと繁盛できるんです。

失敗は恐れず、糧にする。

これは昔から私がビジネスでもプライベートでも大事にしている

言葉なので今はこの失敗を楽しんでいこうと思います。

早く独立して~www