プリンタ 調整の日

アマゾンにプリンタ出荷!

これは先日仕入れたキャノンのMG7130です

IMG_1953

プリンターを購入するときのチェックするポイント

・印刷ができるか

・連続印刷はできるか

・傷が多くないか

・液晶やガラス面に傷やカビがないか

・部品がなくなっていないか

印刷できるか、連続で印刷できるかは当然なのですがジャンクで探すと

その当然が当然ではないです。印刷はノズルチェックで8割くらいわかります

インクが詰まっていないか、パターン印刷は問題ないか。

連続印刷は中のローラーが綺麗になっていなかったり、破損していると

2枚以上印刷すると用紙を持っていかなかったりします。

何台かジャンクのテストを実践してきましたがその中で感じたこと

インク詰まりはある程度のレベルなら治ります。

・洗浄用のインクカートリッジ

・純正インクで試す

ほぼ経験上は純正インクにするほうが治ります。

インクには期限がありますがその期限を過ぎていても純正ならインク詰まりは

治ることの方が多かったです。それで治らないのはたいがいはインクのヘッドが

故障していることがほとんどです。最近はテスト印刷やコピーをみると

大体わかるようになってきました。

あと多いの症状は紙送りができない

つまりはよほどでなければ治ります。

しかし紙送り不良は治らないことが多い気がします。

結構ネットでもローラーを拭いたり、交換したりなどの

動画があります。

私の結論としては

紙送りができないプリンターは購入しません。

なぜか?

紙送りのローラーを拭いて直す方法ですが、分かりやすいですが一時的な

その場しのぎの治療です。もともとローラー不良は交換がほぼ必要なので

一時的に治ってもまたなるでしょう。そうしたらお客様のところに届けいて

大事なプリントの時に駄目になったらと思うと・・・・

また交換は正しくやるにはメーカーにお願いするしかありません。

しかも高いです。プリンタが買えるほどですwww

以上の理由から私は紙送り不良は購入に値しないと考えます。

あと正常に動くなら実は傷の多さは正直そこまで問題にはなりません。

傷は多くても価格次第ですが売れます。

割れているものはアウト!割れるってのは落としたりぶつけてることも多い

ので仕入れません。

部品のあるなしも特には問題なしです。プリンタはインクと電源コードが

あれば動くものだけなので。

後仕入の時に大事なことはジャンクでもなんでも起動チェックできないものは

購入しないが原則です。それなしで仕入れる商品もありますができるなら必ず

私は行います。最近はどんなリサイクルショップでも一度おためしができるとこ

でしか仕入れしないようにしてます。失敗したら大きなゴミになるしね

今回の仕入れたMG7130は仕入れた時は印刷するとインクが全く出なくてまっ白い紙を印刷

するとほぼ何も印刷できずそのまま出てきます。

クリーニングは繰り返して

IMG_1946

ここまで出来てはじめて出荷可能です。

ちなみにこのプリンタはまだ1000枚未満の使用ですので

アマゾンで言えば状態「良」で出荷可能です。

大体30000枚が本体の限界枚数らしいので。

ここからさらにカラー印刷を10枚程度してカラーが問題ないかチェックも必要です。

パターン印刷だけですとカラーコピーでは少し色にムラ等が出る場合があります。

詳しくはまた別でだしますがここまでするのに1日程度時間はかかってます。

仕入れはタダみたいなもんでしたがw