新潟県 その1

地元の新潟県まずは新潟県リサイクルショップを支配しないとwww

新潟の中古ショップは売れない、動かない商品も高いけど

商品点数は少ないので買う必要のないものはしっかり見極めて買いましょう。


ハードオフ長岡古正寺店

ブックオフ、オフハウスも併設していてハードオフは3Fにあります。

大きさはまあまあジャンクが多めです、プロパーの商品は数が多くありません。

そのためか全体的に商品は高いです。アホかと思うほど高い商品もあります。

ジャンクコーナーにもショーケースが2台ありますが

レアと勘違いしている商品も多くショーケースはまったく中身が変わることは

ありません。部品類はまさにゴミの中から漁るかのごとくです。

だれも触っていない時だとレア商品をゲットできることもあります。

大好きなプリンターはあるがまさにゴミ屋敷状態


ハードオフ長岡川崎店

お店の中はブックオフとの併設店なので小さいです。

みるべきコーナーは全体的に少ないのであまりありません。

2,3回入ればここもすぐに置いてある売れない商品を覚えられます。

商品点数は多くありません。新潟県のお店全般に言えますがゴミも

価格が高いです。しかも商品の回転が良くありません。なぜ価格変更しないのか・・・

そのため新しい商品が入ると結構目立つためすぐ売れ手に入れるのに少し苦労します。

ゲームのレアものを多数置いていますが正直全体的に高いです。新品はアマゾンのほうが

圧倒的に安かったりします。中古の購入は正直アマゾンのほうが安くて保証もありますので

お勧めはしてません。

せどりで行く頻度は多くしてますがレア商品は結構入るためいってしまいますが。


ハードオフ三条店

オフハウスが1F、2Fがハードオフ

1Fのオフハウスは最近ジャンク家電をやり始めたが本当のゴミばかりなのであまり意味がない。

新潟のオフハウスはなぜ新品より高いものをあそこまで放置できるのか管理者に一度聞きたいwww

2Fハードオフは商品点数はジャンク多め、プロパーは少ない(新潟のハードオフはプロパー多いとこはない)

売れないものはほぼ入れ替わることはないので新しいものを探すだけです。

見れるポイントは

プリンター、楽器、デッキぐらい

テストコーナーがあるのでジャンク品を購入する方は必ず使いましょう。

以前ここで買ったジャンクは稼働OKと書いてあって全然動かないことがあった。

どうも素人くさいミスが多い、価格もそのためびっくりするぐらいのレアものがあることが多い

この店の場合は攻略方法が自分なりにわかるようになってきた

そうすると

まあまあゲットできるようになる。

みなさまも其の店の癖を見抜きましょう!


ハードオフ燕三条店

1Fにブックオフ、2Fにハードオフがあります。

店舗自体はせまいので商品点数は全体的に少ないです。

2,3回行けば大体売れる商品売れない商品を把握できるほど商品は少ない

ここのポイントは品だしをする際レジカウンター前に商品をしばらくおいておくので

そこにある商品は必ず見るようにしている。

商品点数が少ないためかびっくりするような商品はあまりでてこない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする