amazon で注意すべき長期保管在庫

amazon で注意すべき長期保管在庫

本日アマゾンよりこんなメールが届いてますね。

jinbutsu_kangaeru_35119-300x300

*******************************************

[Amazon出品サービス]

┌─────────────────────┐
|8月15日は長期保管在庫一掃チェック日です |
└─────────────────────┘
フルフィルメント by Amazon (以下、FBA)では、毎年2月15日と8月15日に長期保管在庫の一掃チェックを実施しています。限りあるAmazonフルフィルメントセンター(以下、FC)のスペースを有効活用することにご協力いただくために、FBAでは長期保管在庫一掃チェック日にFCでの保管期間が6か月以上の在庫に対し、通常のFBA在庫保管手数料に加えて、長期在庫保管手数料を課金させていただいております。


┌─────────────────┐
|課金対象となる可能性が高い商品は?|
└─────────────────┘
FCでの保管期間が在庫一掃チェック日の時点で、6か月より短い在庫に対しては、長期在庫保管手数料の課金はありません。出品者様のFBA在庫が長期保管在庫手数料の対象となる可能性があるかを確認するためには、在庫ダッシュボードの「FBA在庫期間レポート」をチェックしましょう。

「FBA在庫期間レポート」では、出品者様のFBA在庫を在庫日数別に確認できます。また、商品ごとに、次回8月15日の長期在庫保管手数料の見積額を確認できるほか、売り切るために取るべき対策なども表示しています。

****************************************

要は長々と売れない商品があるとアマゾンも邪魔でしょうがないので6か月も売れない商品おいてると長期在庫保管手数料という名のもとに追加のお金いただきます。さっさと売ってくださいとのことです

これだけ聞くとどうでしょうか?

僕は正直6か月以上も売れない商品を持ち続けていることはかなり不思議です。

売りたい時期や目的がはっきりしているなど理由はあるかと思われますが、商売の基本は商品を仕入れたら即売る、即現金化。これ大事です。売れる将来のためになんて考えだとしても1,2カ月ならまだしも半年は異常です。在庫の数が多いから価格変更などの手が回らないなんて言い訳にもなりません。

IMG_0079

僕は少資金で副業をしているため仕入れたものはどんなに長くとも1カ月以内に売れる値段設定を考えています。予想に反して売れないものは価格を下げてでも回収します。それは基本に忠実に利益を出し現金化してさらに仕入れを増やしていくためです。ですが半年も在庫として眠ったままならどうでしょう?その在庫はお金として動かすことができません。仕入れの機会ロスもおこります。これは少資金だからではなく資金豊富な方でも一緒です。そんな眠ったままの在庫を持ち続けて、ずさんな管理をしていればどんなにお金があろうといずれ破産します。過去にそういった会社はいくらでもあります。

僕はまだまだはじめたばかりですがこういったことでの油断は商売だけでなく人生設計でも響くものだと思います。目標をしっかりもち、現状を把握し、改善していかなければ副業だと思っているととんでもないことになるはずです。

自分で日記にしておいて何ですが改めて本日より気を引き締めなおします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする