せどりは評価が命

中古せどりをするならせどりした商品

はほぼアマゾンで販売します。ヤフオクメルカリでも

そうですが売上を左右するのが評価です。

お店の評価が気になるのは購入者なら当然です。

評価が多くても良い評価でないと意味はありませんが

評価が多いお店のほうが有利なのは間違いありません。


私はまだせどりを始めたばかりなので4しかありません。


まだ4は恥ずかしいですね( ´_ゝ`)


アマゾンの評価を貯める方法は

購入者から評価されるのをひたすら待つのみ

購入者は別に評価をしてもしなくて良いため、結果評価されない

ことのほうが多いです。ヤフオクメルカリのような評価が出る

タイプとは違います。そのためアマゾンでの評価の貯まる時間は

ヤフオクメルカリと比較にならないくらい時間がかかります。

では待ってるだけで良いのか?

方法はあります。

メールで催促すること

これは自力でやる方法とソフトなどで自動で

送る方法とあります。

私はプライスターという有料のソフトを

利用してますが、その中の機能の一つとしてあります。

このメールでの督促、やるとやらないでは相当な違いです。

売れてるバイヤーさんは必ず行っているそうです。


それほど結果が違ってきます。

むしろ督促しないと来ないですよ!www


といって自分でやろうとするのもダメですね。

購入されたらメールを送ってなんていちいちやってらんないです。

その時間仕入れに回すのが建設的ですし督促し忘れもないので!

なのでプライスターがオススメですかね

在庫管理、出品機能、利益計算など

せどりに必要な機能が他にもあるしね。

人によっては評価貯めの為に友人にお願いすること

もあるようです。

それだけ評価貯めはアマゾンでせどりをする

人間からは命題なんですね。

悪い評価なんかも貰うことはありますが

師匠からは悪い評価ばかり入るのは問題だけど

1、2個非常に悪いは絶対に入ってくる

それを1個1個気にしているより、

たくさん売って非常に良いをより多く稼ぐことに注力したほうが

建設的だしより売れるようになるといってました。

確かに精神的に気にしすぎると行動が鈍くなることが自分はあるので

より1個でも多く評価を得て1個2個非常に悪いが来てもビクともしないように

する販売スタイルのほうが良いですね。そもそも非常に悪いを出すような

商品は出荷しないですけど

それでも商売ですから悪い評価は入ることは絶対あるんです。

その理由が理不尽な場合とかもあります。そういったときは落ち着いて返品の

商品を診て判断する必要があります。購入者の申告と食い違いがないか?

それによってはアマゾンより補償してもらえることもあります。

師匠は過去に販売した商品が壊れていると返品された際、

DVDの中身が抜き取られていた

ことがあります。そのことをアマゾンに報告すると販売金額を

補償してくれたとのことです。

私はまだそんな場面には遭遇したことないですが・・・・

まずは当然のことかもしれないですが

いい評価をもらえると自信がもてる商売をする!

これを心がけていけば返品や悪い評価は防げるということ

逆にお金がもらえればいい程度の仕事や意識だったら必ずどこかで

しっぺ返しはきますよね!

何のことはないです。真面目に自信をもった商売が一番悪い評価や

返品を少なくして売り上げが上げられるということ

まずは残ってる出品前の商品の調整も意識してやっていこうと思います