商品撮影は大切

商品撮影は大切

本業は蕎麦屋ですが私は飲食の部門ではなく

通信販売を担当しています

販路はヤフー、自社サイト

販促文や写真、在庫の調整、商品作成

ほぼ全般にやってます。

そんな私が通信販売、インターネット上での販売で

特に重要視しているのが

商品写真

コピーライティングとか

そういったテクニックも大事ですが

やはり言葉より写真の見栄えが

売上を左右します。

実際お客様はどんな明言をならべても

ほぼ見ていないです!

なので私たちは写真撮影は一部を除き

プロにお願いします。

会社の商品なのでこれ以上写せませんwww

写真は載せれませんがプロの写真は本当に違いますw

おそらく写真の良しあしで通信販売の売り上げが

2、3割変わってくるはずです。

プロが撮った写真素人が撮った写真

誰が考えても違うのは分かりますよね?

私たちは商品の価値を写真の良さで伝えたいので

プロに依頼します。どんなにいい商品でも

写真がショボければその商品を疑いませんか?

というかショボい写真は商品の価値を下げます

今回はお歳暮、年越しソバの写真を撮影して来ました。

撮影にほぼ1日使います。

それだけの価値がいい写真にはあります。

私もアマゾンやヤフオクで撮影していますが

こんなレベルですw

商品写真は売り子さんのような物。

そしてアマゾンでは商品説明は実はあまり読まれません

私も経験があり、説明書が無いと何回も書いたのに

説明書がない!と問い合わせがありますw

ですからアマゾンの出品では写真の有る無しで

売り上げは全く違います!

つまり写真が商品の良さを説明してくれる売り子になるのです。

そのレベルによって売上は左右されるそう思っています。

ですがプロにお願いするのは利益のことを

考えれば採算で割に合いません。

そこで撮影の際カメラマンに雑談のついでに聞くと

アマゾンでも撮影用のキットが

売ってるから買うと良いよ

とアドバイスを頂きました。

カメラを変えたり、技術を磨くなど

やる事はありますが、最近は道具である程度

補助出来てしかもプロに近づけるらしいです。

今日早速これを注文

撮影用ボックスは私のように専業でやっていない

販売者でも使いやすいそうです。

使うさい広げ、ある程度綺麗に撮れる

扱う商品より一回り大きいくらいのタイプを

使う方が良いとアドバイスを頂きました。

もっと大きいタイプもありますが

私の扱う商品は大きくても

50センチ四方の物なので

これぐらいが丁度良いと判断しました

これで私も販売価格を見直すことができそう!

やはり設備投資は大事

今回本業の仕事中に思わぬ情報を手に入れ

設備投資をする事になりました。

情報収集にはやはり人との繋がりは大事だな

そう思いました。

撮影の仕方も少し教えてもらえることにw

はやくキット来るの楽しみです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする